若者がやってみた

現在21歳 家庭の事情から新卒で就職後約2ヶ月で退職 退職後、1度きりの人生ならたくさんの経験をしてみたいと思い経験活動を始める【人生は有限 経験は無限 】  ブログデザイン編集中なのでおかしなことになってるのは勘弁してください!  

「無職」は鬱病になるのか??

f:id:yatemita:20180808230715j:plain

こんばんは!

 

無職は鬱病になるのか?

 

今回は無職は鬱病になるのかを考えていきます。

 

なぜ鬱病なのか?

それは、僕の身近な人に鬱病だった人がいるからです。

 

鬱病とは怖いもので、周りから見ていても何もわからないんですね。

何かを悩んでいる素振りはないし、相談されるわけでもない。

 

いつもと変わらないように見える。

いや、変わらないと言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

僕がその人と話している時は何もわかりませんでした。

いつもと同じようにニコニコしてるし冗談も言います。

 

実際、一緒にご飯を食べている時は冗談言いながら笑ってました。

これ分けて~って好きなもの分け合って楽しく食べていました。

辛そうなそぶりなんて少しもなかったです。

 

だから鬱病かどうかなんてわかる訳がないんですよね。

これがほんとに大事なんです。

鬱病じゃない人が鬱病の人と接しても鬱病だとはわかりません。

 

でも鬱病になっている本人は精神的にも肉体的にも疲弊している。

正常な判断ができなくなっている。

暗いことしか考えられなくなる。

 

もし仮に周りの人が気づいてあげられたとしても、鬱病になっている本人は大丈夫なふりをします。

こちらが心や体のケアをしようとしても受け入れてくれません。

受け入れる余裕がないんだと思います。

 

僕はそこまでの鬱になってしまうのは本人の性格も関係していると思います。

 

誰にでも優しく、まじめで責任感が強く、何かあっても全て自分の中でため込んでしまう。

 

そんな性格の人が鬱になってしまうんじゃないでしょうか。

少なくとも僕の身近な人はそんな人でした。

 

なんでも完璧にこなそうとして、心や体の疲れを吐き出す先がなかったんでしょうね。

 ほかにも鬱になりやすい人はいるかもしれませんが、僕の知っている人はそんな人です。

 

 

 「無職」は鬱病になるのか

ここで本題、「無職」は鬱病になるのか。

 

僕は無職へのなり方で変わってくるんじゃないかと思います。

 

仕事が嫌で、でも責任感や周囲からの評判が気になって辞められない。

将来のことが不安で不安で仕方がない。

 

そんな中、やむを得ず無職になってしまった人は鬱病のような状態になってしまうと思います。

 

嫌だった仕事から逃れられた安心感と仕事をしなければならない重圧。

収入の不安。

それをまじめな性格から、暗いことばかり考えてしまう。

次第に追いつめられる。

追いつめられるとさらに暗いことしか考えられなくなる。

 

 

一方、鬱病にならない無職。

これは僕のような無職です。

 

性格は楽観的、モットーは「なんとかなる」

思い付きで仕事を辞めるし、不安はあるけどなんとかなると思ってる。

 

人生なんとかなるっしょ!!

って思ってるから追いつめられたりもしない。

 

だから僕は大丈夫なんでしょうね。

 

長所でもあるし短所でもある性格ですが、僕はこれでよかったのかなと思ってます。

こんな性格じゃないと思い切って「無職」になんてなれませんでした。

 

 

これから「無職」になろうと思っている皆さん。

考えすぎる性格の人は注意したほうがいいかもしれません。

考えるなとは言いませんが、周囲の人を頼りながら「無職」になりましょう。

周囲の人を頼ることは悪いことじゃないですから。

しかし、「無職」になることの覚悟は必要ですよ!

 

 

「鬱病」というテーマは色々な人に考えてもらいたいです。 

なので、今後も僕の考えたことがあれば追記していきますね!

まとめ

  • まじめで責任感が強く、自分の中ですべてをため込んでしまう人は注意!
  • 「無職」になったときはある程度の楽観的な考え方も必要
  • 「無職」になることの覚悟をする

FOLLOW ME