若者がやってみた

現在21歳 家庭の事情から新卒で就職後約2ヶ月で退職 退職後、1度きりの人生ならたくさんの経験をしてみたいと思い経験活動を始める【人生は有限 経験は無限 】  ブログデザイン編集中なのでおかしなことになってるのは勘弁してください!  

強すぎる「地元愛」が地域を腐らせる?

f:id:yatemita:20180810203055j:plain

こんばんは!

 

強すぎる「地元愛」が地域を腐らせる?

このタイトルの意味とは?

 

これは

‘‘ 強すぎる地元愛を持った人は、地元地域の活性化に取り組んでも失敗する ‘‘

という意味です。

 

今は地方創生等、都市部だけではなく地方の良さにも目を向けて、地方を活性化させよう!

こんな取り組みが行われていますよね。

それ自体は決して悪くありません。

 

少子高齢化が進み人口も減少しています。

人口は都市部に集中し、地方では流出が止まりません。

 

そんな中での地方活性化の取り組みは確かに必要です。

僕自身も色々なことに取り組んでみたいなって思ってます。

 

ではなぜ

‘‘ 強すぎる地元愛を持った人は、地元地域の活性化に取り組んでも失敗する ‘‘

なのか。

 

それは、地元愛が強すぎるがゆえに一度も地元を離れて生活したことがないからです。

 

地元を離れて生活したことがない人は閉じたコミュニティの中でコミュニティ共通の情報しか得られていません。

 

地域の活性化に必要なのは、その地域で何が求められているかを知ることです。

求められていることを理解し、発信していくことで人が集まります。

人が集まることで地域が活性化します。

 

しかし、地元を離れず閉じたコミュニティの中で生活していると、その地域で求められていることはわかりません。

わかっているつもりになってるだけです。

 

だから地元しか知らない人がその地域を活性化させようとしても失敗します。

 

ならどうすればいいのか?

簡単です。

 

1ヶ月でも2ヶ月でもいいので、他県で生活してみることです。

雪も降らないような温かい地域なら、雪の降る寒い場所で。

海のない内陸部なら、海に面した海を中心に生活できる場所で。

 

地元とは正反対の特色を持った場所で生活します。

すると、自分の中に今までとは全く違った価値観や視点が誕生します。

 

それこそが地方創生、地元活性化に必要なものなのです。

 

地元を出た経験のない人はぜひ他の場所で生活してみましょう!

その経験が役に立つはずです!

FOLLOW ME